一般

Q:服装は?
A:男性はアロハシャツに長ズボン、女性はムームーいうスタイルが島民の正装です。観光をする場合であればTシャツ、半ズボン、サンダルという格好で大丈夫です。ただし、水着や裸で街を歩くことは禁じられていますのでご注意ください。特に離島では肌の露出を控えるのが好ましいでしょう。

Q:水は?
A:水道水は飲めない。ミネラルウォーターを使用しましょう。尚、水道水などのご使用に関し節水をご協力お願いいたします。

Q:ホテルのアメニティは?
A:タオル、石鹸は通常あります。その他ご持参頂く事をおススメいたします。リクエストはフロントデスクまで。

Q:タクシーはどんな感じ?
A:流しのタクシーに手を上げ、受け入れ可能であれば止まってくれます。乗り合いでいろんな場所に止まりながら進むので最短距離ではない事も多い。近くの移動はお一人料金75㌣前後ですが、ロングアイランド、空港方面は乗る前に確認される事をおススメします。

Q:日本の携帯電話を使用出来る?
A:使用出来ません。例えば、海外ローミングなど、海外旅行の際に使用可能な携帯電話をお持ちでも、マーシャルでは使用することが出来ません。

Q:インターネットは出来る?
A:パソコンやスマートフォンを持参の方はwifiにて簡単接続!(wifiカード$5、$10、$20のいずれかを購入後IDとパスワードを入力)

Q:スマートフォンは使用出来る?
A:マジュロ環礁では、ご滞在先ホテル、レストラン、公共施設などのwifi接続エリアであればi-Phone、galaxy、Androidなどのスマートフォンは通話以外を除くメール送受信、インターネット操作(LineやSkypeなど)が可能となります。

Q:チップは?
A:ローカルの間にチップの習慣はありませんが、観光客(訪問者)はチップを置いていくのが一般的です。ベッドメイクなら1ドル/回、レストランの夕食なら1~2ドル置いていけば適当です。空港~ホテル間の送迎ドライバーなどにお気持ちをお渡しするのもいいでしょう。タクシーには必要ありません。

Q:滞在時の気候は?
A:一年中を通して日差しが大変強く、日焼け止めクリームなどの対策をお忘れなく。またレストランなどの施設では冷房がきつく感じることもありますので、羽織る物が一枚あればいいでしょう。ダイビングは年中ベストシーズンです

Q:お酒は買える?
A:スーパーには各種類のウィスキー、ワイン、リキュール類、ビールなどが販売されていますが、日曜日にはスーパーなどで購入する事が出来ません。ホテル、レストランでは可能です。

Q:おみやげはどんな物?
A:代表的なお土産はハンディークラフト(AMIMONO)。ヤシの葉とパンダナスの葉の2種類を使い編み込んだもので、とても丁寧な仕上がりで人気です。また、マーシャルの自然から生まれたノニ、ヤシの油石鹸やTシャツ、ポストカード、ステッカーなどの定番グッズも良い思い出となるでしょう。

Q:あると安心 !?
A:下痢止めや解熱剤、日焼け止め、酔い止め、虫除け、虫刺されなどの常備薬もお持ちになると安心です。

Q:危険生物は?
A:イヌ、ネコ、ニワトリ、ブタ、水槽に飼われたカメなど決して触れないようにしましょう。水中生物にいたっても知識をもった上で接してください。


ダイビング・スノケーリング

Q:現地へ行ってから予約出来ますか?
A:可能ですが、事前ご予約を優先しスケジュールを組んでおりますので、お受け出来ない場合もございます。

Q:ランチは?
A:ランチやスナック等必要な場合は各自でご持参ください。料金には含まれず手配もしていません。

Q:ボートにトイレは?
A:ありません。

Q:外洋・大物しか興味がありませんが・・・
A:海況と他のダイバー様とのリクエストを踏まえアレンジ致します。また、大物ポイントはあまりありません。

Q:器材セッティングは?
A:残念ながら殿様ダイビングスタイルではございません。お手伝いはさせて頂きます。

Q:外国人ダイバーがタンクや器材を運んでますが・・・
A:彼等は自主的にしてくれてるだけですので、気にされなくて大丈夫です。

Q:ダイビング毎に港へ戻る?
A:そのまま海へ出たままとなります。

Q:ウェットスーツは?
A:突如のスコール、3ダイブ後などのボートの移動では少し肌寒く感じる事もあります。また、クラゲなどの外敵から身を守る上でも露出部分を少なくして頂く事を推奨しております。3mmまたは5mmのフルスーツとベストやラッシュガード等のインナーをおススメします。また突如のスコールにはボートコートを。水温年間平均28°C前後。

Q:アルノ環礁への遠征は可能?
A:レイクルーでは季節に関係なく可能な限りアルノ環礁への遠征を積極的に行っております。

Q:スノーケリングツアーでスノーケリング器材を持参するが・・・
A:もちろん慣れた器材をお使いいただくのが一番ですが、ツアー料金等は変更ありません。

Q:ダイビングのレンタル器材って?
A:レギュレーター、BCDは4サイズをご用意。ウェットスーツは3mmのフルスーツとなります。極端に大きなウェットスーツ、フードベスト、ラッシュガード等のインナーはレンタルのご用意がありません。尚、ジャストフィットをご希望の方はご持参される事をおススメいたします。

Q:スノーケリングツアーの器材は?
A:ウェットスーツは含ませておりませんので、必要な方は別途レンタル、もしくはラッシュガード等をご持参ください。


ご予約とお問い合わせ

こちらのフォームからご予約、お問い合わせ内容をご記入の上ご連絡くださいませ。
ご予約の際には [JAPANESE]、[FAQ-JAPANESE]、 [RATES-JAPANESE] ページをご承諾の上お申し込みくださいませ。
ご質問、お問い合わせはお気軽にご連絡ください。